MSD、キイトルーダでオプジーボ超えに自信

 米Merck社の日本法人であるMSDは2019年4月19日、東京都内で年次事業説明会を開催した。Jannie Oosthuizen(ヤニー・ウェストハイゼン)代表取締役社長は、日本市場でのPD1阻害薬のシェアについて「他国と同様に、オプジーボを上回る機会が巡ってくるだろう」との見解を明らかにし、PD1阻害薬領域の国内市場における首位奪取に自信を見せた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)