スイスRoche社傘下の米Foundation Medicine(FMI)社と米Flatiron Health社は、2019年4月9日、両社が共同で構築している臨床-癌ゲノム情報データベース(CGDB:clinico-genomic database)について、科学的かつ臨床的な一定の実効性を確認したと発表した。FMI社のVincent A. Miller氏らが、CGDBを用いて非小細胞肺癌(NSCLC)に関する現時点での解析結果を明らかにし、2019年4月9日のJournal of the American Medical Association(JAMA)誌オンライン版で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)