ノバルティスファーマは2019年4月18日、国内初のCART細胞療法製品である「キムリア点滴静注」(チサゲンレクルユーセル)に関するメディアセミナーを開催。ノバルティスファーマの癌部門であるオンコロジージャパンのブライアン・グラッツデンプレジデントは、患者の安全性を確保するためにノバルティスが医療機関にトレーニングを実施し、キムリアの提供は認定した医療機関に限定する考えを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)