印刷する

閉じる

日経デジタルヘルスより

炎症性腸疾患の患者が自身のデータを入力するプラットフォームが日本に登場

患者間のコミュニケーションや新薬開発に貢献へ
(2019.04.24 08:00)
高橋 厚妃=日経 xTECH/日経デジタルヘルス

 患者向けのデータプラットフォーム「Activaid」を開発するベンチャー企業のActivaid(東京・新宿、長谷部靖明代表取締役)は、炎症性腸疾患の患者を対象にしたベータ版をリリースし、2019年4月1日までにユーザー数が160人に達した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み