本庶教授が記者懇談会で小野薬品工業を糾弾した理由

 2019年4月10日、京都大学の特別教授である本庶佑氏らは、京都大で「記者懇談会」と称する会見を開催し、小野薬品工業に対して抗PD1抗体「オプジーボ」の対価が安過ぎるとして、対価の引き上げを求めた。会見に同席した本庶教授の代理人である井垣太介弁護士に話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)