特集連動◎標的蛋白質の構造を安定化するシャペロン薬

岐阜大桑田氏、正常プリオンの構造を安定化させる低分子薬を開発中

(2019.04.26 08:00)1pt
久保田文

 シャペロン薬は、標的蛋白質である酵素や膜蛋白質の立体構造を安定化し、生理活性をもたらす低分子薬だ。ただ、その創薬標的を天然変性蛋白質や蛋白質の天然変性領域に向けることで、神経変性疾患や癌、感染症など、シャペロン薬を幅広い疾患に展開できる可能性がある。その一端の研究を手掛けているのが、岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科の桑田一夫シニア教授だ。桑田シニア教授は、立体構造を取った正常プリオンの一部に結合し、その構造を安定化させて異常プリオンとの結合を防ぐ低分子化合物の開発を進めている。2019年3月6日、桑田シニア教授が本誌の取材に応じた(関連特集)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧