希少遺伝病などを対象にアデノ随伴ウイルス(AAV)を用いた遺伝子治療を開発する米Asklepios BioPharmaceutica(AskBio)社は、2019年4月11日、開発プログラムの加速と製造効率・規模の拡充に向けた資金調達で、2億3500万ドル(約263億円)を確保したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)