東京工業大学は2019年4月12日、武田薬品工業と人工知能(AI)を活用した創薬で共同研究契約を結んだと発表した。薬物の体内動態や毒性のプロファイリングをコンピューターで予測しリード化合物の最適化を支援するアルゴリズムを開発する。研究期間は2020年3月までとしており、進捗状況によって延長も視野に入れる。研究資金の総額は開示していない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)