CiRAとToMMo、コホート調査の参加者から健常iPS細胞を樹立、分譲へ

 東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)と京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、2019年4月11日、ToMMoと岩手医科大学いわて東北メディカルメガバンク機構(IMM)が進めているコホート調査に参加した地域住民のうち、6人分の血液細胞から合計36株のiPS細胞を樹立することに成功したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)