【詳報】

日本板硝子、携帯PCR核に2023年にライフ新事業で70億円へ

「主力市場は海外、5年後に20カ国で展開したい」と村田製作所から転じた石野聡CDO
(2019.04.12 08:00)1pt
河田孝雄

 日本板硝子(NSG)は2019年4月10日、「新規事業開発と『モバイル リアルタイム PCR』発表」と題した記者説明会を都内で開催した。まずは「日本板硝子の新規事業」と題した発表を、石野聡・執行役CDO(最高事業開発責任者)兼ビジネス・イノベーション・センター長が行った。石野執行役は、村田製作所に35年余り勤務して取締役上席執行役員としてヘルスケア事業統括部長や新規事業統括部長などを務めた後、2018年7月に日本板硝子に転じた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧