日本板硝子、携帯PCR核に2023年にライフ新事業で70億円へ

 日本板硝子(NSG)は2019年4月10日、「新規事業開発と『モバイル リアルタイム PCR』発表」と題した記者説明会を都内で開催した。まずは「日本板硝子の新規事業」と題した発表を、石野聡・執行役CDO(最高事業開発責任者)兼ビジネス・イノベーション・センター長が行った。石野執行役は、村田製作所に35年余り勤務して取締役上席執行役員としてヘルスケア事業統括部長や新規事業統括部長などを務めた後、2018年7月に日本板硝子に転じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)