エディジーン、シリーズBで計25億円調達、遺伝子治療の開発加速へ

 エディジーン(東京・中央、森田晴彦社長)は、2019年4月10日、既存の株主であるSBIインベストメント、ファストトラックイニシアティブ、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、ケアネットに、新たな株主である東京大学協創プラットフォーム開発を加えた6社を引受先とした第三者割当増資により、シリーズBとして16億円(1500万ドル)を調達したと発表した(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)