厚生労働省は2019年4月8日、「先駆け審査指定制度」の対象品目として、医薬品5品目、医療機器・体外診断用医薬品4品目、再生医療等製品2品目の合計11品目を新たに指定した。再生医療等製品では、サンバイオが外傷性脳損傷(TBI)を対象に開発を進める他家細胞医薬のSB623、オンコリスバイオファーマが国内では食道癌を対象に開発を進めている腫瘍溶解性ウイルス製剤OBP-301(テロメライシン)が指定された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)