ツーセル、慢性腎疾患を対象とするプロジェクトを始動

 再生医療ベンチャーのツーセル(広島市南区)の辻紘一郎社長(写真)は2019年3月28日、本誌の取材に応じ、MSCを用いた同社4番目の再生医療等製品開発プロジェクトとして、慢性腎疾患を対象とする製品開発を開始したことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)