印刷する

閉じる

Sangamo社、βサラセミアex vivo遺伝子編集細胞治療のフェーズI/IIの予備的解析で好結果

(2019.04.16 08:00)1pt
大西淳子

 米Sangamo Therapeutics社は、2019年4月2日、フランスSanofi社と共同で開発しているβサラセミアex vivo遺伝子編集細胞治療ST-400のフェーズI/II試験のデータも含む、最新の開発状況を公表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み