協和発酵キリン、パーキンソン病薬KW-6002の再申請をFDAが受理

 協和発酵キリンは2019年4月5日、パーキンソン病治療薬として開発中のKW-6002(イストラデフィリン)について米食品医薬品局(FDA)への新薬承認の再申請が受理されたと発表した。同社がグローバル戦略品と位置付ける3製品のうち、最も苦戦してきたのがKW-6002だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)