京都大本庶氏、「ライフサイエンスは試行錯誤して初めて展望が開ける」

 21世紀先端医療コンソーシアム(日経BP)は、2019年3月30日に都内で、「21世紀先端医療シンポジウム~医療革命の方向性を知る~」を開催。同フォーラムの代表世話人統括であり、京都大学高等研究院の本庶佑特別教授(神戸医療産業都市推進機構理事長)などが講演した。本庶特別教授は講演で、「ライフサイエンスは今でも未熟な学問であり、試行錯誤して初めて展望が開ける」と強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)