OIST、沖縄特産「海ぶどう」のゲノムを高品質解読

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、恩納村漁業協同組合(沖縄県国頭郡恩納村)と共同で、沖縄県の特産品「海ぶどう」として知られる海藻Caulerpa lentillifera(標準和名:クビレズタ)の全ゲノムを解読した成果を2019年3月28日、DNA Research誌にて論文発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)