武田薬品工業のカーブアウトベンチャーであるChordia Therapeutics(神奈川県藤沢市、三宅洋代表取締役)は、京都大学イノベーションキャピタルとジャフコをリード投資家とし、新生キャピタルパートナーズ、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、日本ベンチャーキャピタルを引受先とした第三者割当増資で、シリーズBとして約30億円を調達した(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)