大日本住友発ベンチャー、希少疾患にナトリウムチャネル阻害薬を開発へ

 大日本住友製薬と京都大学イノベーションキャピタル(京都市左京区、室田浩司代表取締役、京都iCAP)は、2019年3月28日、大日本住友のカーブアウトベンチャーとしてAlphaNavi Pharma(京都市左京区、小山田義博代表取締役)が設立されたと発表した。また、AlphaNavi Pharmaは、京都iCAP、新生キャピタルパートナーズ、SMBCベンチャーキャピタル、日本ベンチャーキャピタル、中信ベンチャーキャピタル、大日本住友製薬を引受先とする第三者割当増資を実施し、約9億円を調達した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)