JSRは2019年3月27日、オランダHubrecht Organoid Technology(HUB)社と、HUB社が保有するオルガノイド関連技術を癌領域で前臨床スクリーニングサービスに独占的に活用するライセンスに加え、HUB社保有のバイオバンクを利用する権利や共同開発などを含む戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表した。子会社の米Crown Bioscience社で、HUB社からライセンスを得たオルガノイド技術と腫瘍オルガノイドバンクを利用し、癌領域における前臨床スクリーニングサービスを提供していく。また、Crown社はHUB社の本社があるユトレヒトに新たな拠点を設け、HUB社と共同開発をするという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)