富士フイルムと国立がん研究センターは、2019年3月26日、富士フイルムが研究しているリポソーム製剤と、免疫チェックポイント阻害薬の併用療法に関する共同研究を開始すると発表した。同社は、国立がん研究センター先端医療開発センター免疫トランスレーショナルリサーチ分野の西川博嘉分野長のチームと共同研究を行う。国立がん研究センターの動物モデルや臨床検体を利用して、リポソーム製剤が免疫細胞に及ぼす作用などを解明する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)