印刷する

閉じる

特集連動◎細胞医薬の製造工程の機械化

大日本住友、他家iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の製造工程を機械化へ

(2019.03.27 08:00)1pt
高橋厚妃

 大日本住友製薬は、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)で研究開発された、パーキンソン病を対象としたiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の商業化を目指しているが、その製造工程の一部を機械化する方針だ。2019年2月15日、大日本住友製薬の取締役執行役員で、再生・細胞医薬事業を担当している木村徹氏に、機械化の概要について聞いた(特集「細胞医薬の製造工程の機械化」)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み