ライフサイエンス研究とアカデミア創薬を加速する共用基盤技術

 「ライフサイエンス研究とアカデミア創薬を加速する共用基盤技術」と題する創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)ワークショップが2019年3月24日、東京農業大学世田谷キャンパスにて開幕した日本農芸化学会2019年度大会にて開催された。2017年度にBINDS事業を開始した日本医療研究開発機構(AMED)が共催した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)