2019年3月22日、東京大学医科学研究所幹細胞治療センター再生医学分野教授で横浜市立大学大学院医学研究科臓器再生医学教授の谷口英樹氏は、「ヒトiPS細胞を用いた肝疾患に対する新規治療法の開発」と題する講演を行い、横浜市立大で進めてきた肝臓の原基(肝芽)を用いた再生医療が臨床研究の直前まで進んでいることを紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)