第18回日本再生医療学会総会

クリングルファーマ、脊髄損傷に対するHGF蛋白質のPI/IIで有効性示唆

(2019.03.25 08:00)1pt
久保田文

 クリングルファーマ(大阪府茨木市、安達喜一代表取締役社長)は、2019年3月22日、急性期の脊髄損傷の患者を対象に実施していた肝細胞増殖因子(HGF)蛋白質(KP-100IT)の企業主導のフェーズI/IIで、有効性を示唆する結果が得られたと発表した。フェーズI/IIの結果は、2019年3月21日から23日まで神戸市で開催された第18回日本再生医療学会総会のシンポジウムで、治験調整医師を務めた慶應義塾大学医学部整形外科学の中村雅也教授が初めて明らかにした。【訂正】当初の記事で、フェーズI/IIの対象患者を、頸髄を損傷し、受傷から72日以内の急性期の脊髄損傷患者としておりましたが、正しくは、頸髄を損傷し、受傷から72時間以内の急性期の脊髄損傷患者です。お詫びして訂正いたします。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧