スイスLonza社とイスラエルSheba Medical Centerは、2019年3月18日、キメラ抗原受容体T細胞(CART)を医療現場で製造する自動化システムを共同開発すると発表した。Lonza社が専有する治療用細胞の自動培養技術基盤「Cocoon」を用い、Sheba Medical Center内で運用可能な細胞製造プロセスを確立する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)