米Stanford Universityの研究者らが2016年に共同創設したSurrozen社は、2019年3月14日、5000万ドル(約56億円)を調達してシリーズBラウンドを完了したと発表した。同社研究グループが注力しているWntシグナル伝達経路を標的とする再生医療用抗体医薬の開発を前進させる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)