米Georgetown大学医療センターの研究者たちは、白血病治療薬であるニロチニブが、パーキンソン病患者の脳内でドパミンの代謝を変化させる他、抗炎症作用も誘導して、患者に利益をもたらす可能性を示唆した。フェーズII試験で得られたデータは、Pharmacology Research & Perspective誌電子版に2019年3月12日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)