ジーンテクノ、小児の難治性疾患など対象に歯髄幹細胞の開発を検討

 ジーンテクノサイエンスは、2019年3月12日、臨時株主総会を開催。セルテクノロジーを完全子会社化することが承認された。同日、ジーンテクノサイエンスは歯髄幹細胞を利用する新規の事業説明会を開催し、歯髄幹細胞の特徴について説明した(関連記事1)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)