日本水産が認知対策「黒瀬ぶり」、鮮魚の機能性表示でマルハニチロに続く

「健康数の子」発売の井原水産は「健康イクラ」未発売
(2019.03.14 08:00)1pt
河田孝雄

 日本水産(ニッスイ)が、グループ会社の黒瀬水産(宮崎県串間市)が生産する養殖ブリについて、血中中性脂肪対策と認知対策の機能性表示食品の表示を届け出た。商品名は「活〆(かつじめ)黒瀬ぶり ロイン200g」で、届出番号は「D441」。機能性関与成分は「EPA・DHA」で、「中性脂肪値を下げる機能」と「中高年の方の加齢に伴い低下する、認知機能の一部である記憶力の維持」という2つの機能を表示する。1日摂取目安量100g中に、機能性関与成分のEPAを300mg、DHAを900mg含む。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧