米Beam Therapeutics社は2019年3月6日、シリーズBラウンドで1億3500万ドル(約150億円)を調達したと発表した。塩基編集治療プログラムを推進するとともに、次世代型のCRISPRゲノム編集技術の開発などに調達資金を活用する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)