特集連動◎遺伝子治療に商機はあるか

九大米満氏、間歇性跛行肢の遺伝子治療は2020年にもトップライン結果

(2019.03.27 08:00)1pt
久保田文

 九州大学病院が、間歇性跛行肢を対象に実施している、線維芽細胞成長因子2(FGF2)遺伝子をセンダイウイルスベクターに搭載した遺伝子治療(DVC1-0101)は、2020年にもトップライン結果が出る見通しだ。研究開発の状況について九州大学大学院薬学研究院の米満吉和教授と、同遺伝子治療の権利を保有しているIDファーマ取締役の朱亜峰社長が、2019年2月6日、本誌の取材に応じた(関連特集)。【訂正】当初の記事で、対象疾患を重症虚血肢としていましたが、間歇性跛行肢の誤りです。お詫びして訂正いたします。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧