内閣官房健康・医療戦略室、次世代医療基盤法の認定事業者決定作業は「慎重に進めている」

 次世代医療基盤法の要となる認定事業者はいつ決まるのか。2019年3月7日に、日経バイオテクの取材に応じた内閣官房健康・医療戦略室の田中謙一参事官は「作業は急いでいるが、慎重に進めている」と語った。ただ、認定事業者の決定は期限を区切っているわけではなく、決定時期の明言は避けた。【訂正:記事公開当初と一部内容を変更しました。3月11日13:00】

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)