エーザイ、認知機能を評価するソフトウエア開発し他業界との協業目指す

 エーザイは、2019年3月7日、記者懇談会を開催。同社の内藤晴夫社長CEO(最高経営責任者)は、新規の取り組みとして、認知機能のパターンを客観的に評価するソフトウエア「VIVO(仮称)」を開発中であることを説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)