自治医大村松氏、中枢疾患向けに続き肝疾患向けに新規カプシドを開発

 自治医科大学の村松慎一特命教授(東京大学医科学研究所特任教授、遺伝子治療研究所取締役)は、アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを用いて、国内初となるパーキンソン病、芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素(AADC)欠損症の遺伝子治療の臨床研究を実施。AAVベクターを用いた複数のin vivoの遺伝子治療の開発と並行して、独自の新規カプシド(ベクター)を開発するなどしている。2019年2月22日、村松特命教授が本誌の取材に応じた(関連特集)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)