産業競争力懇談会(COCN)は、2019年2月15日、「iPS細胞の産業利活用に向けたエコシステム構築」(プロジェクトリーダー:日立製作所の大友純氏)と、「デジタル・バイオエコノミーの実現に向けて」(プロジェクトリーダー:三菱ケミカルの水無渉氏)と題した政策提言を発表した。iPS細胞に関する提言では、創薬研究での利活用を目指し、臨床やゲノムデータなどが付随したiPS細胞バンクの構築を目指すことを盛り込んだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)