英AstraZeneca社と米MSD社(Merck社)は、2019年2月26日、生殖細胞系列BRCA遺伝子変異陽性の転移性膵臓腺癌患者に対する維持療法として、経口ポリアデノシン5'二リン酸リボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬である「Lynparza」(オラパリブ)を投与したフェーズIII(POLO試験)で好結果が得られたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)