塩野義、長崎大に抗マラリア薬創製など目指す共同研究講座を設置

 塩野義製薬は、2019年2月28日、長崎大学とマラリアを中心とした感染症分野における包括的連携に関する協定を締結した。協定に基づき、同社は長崎大学熱帯医学研究所に共同研究部門として「シオノギグローバル感染症連携部門」を設置。同部門にぶら下がる形で、4つの共同研究講座を2019年4月1日をめどに開設する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)