テラ遊佐社長、監査役などと「対立していたわけではない」と説明

 テラは、2019年2月28日、2018年12月期の決算説明会を開催。2018年8月以降の資金調達の中止や第三者委員会の調査報告書をめぐる一連の問題(関連記事)を通じて、テラの経営陣と、社外取締役や監査役との間に温度差が生じていたことについて、遊佐精一社長は「議論は交わしたが、対立していたわけではない。2018年末には問題は終結している。役員の交代については改めて発表する」と話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)