免疫生物研究所は、2019年2月27日、未上場ベンチャー企業であるCURED(横浜市中区、道下眞弘社長)が実施する第三者割当増資を、全額引き受けると発表した。普通株式8万8000株(1株当たり6800円)を5億9840万円で取得する。それに伴い、CUREDは、免疫生物研究所の持分法適用関連会社となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)