フランスIpsen社とカナダClementia Pharmaceuticals社は、2019年2月25日、Ipsen社がClementia社を買収することで合意したと発表した。この契約には、進行性骨化性線維異形成症(FOP)、多発性骨軟骨腫(MO)、その他の疾患の治療薬であり、Clementia社の開発後期品である新規RARγ作動薬palovaroteneが含まれる

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)