メドレックス、2018年12月期は「かなりダサい内容」と松村社長が総括

 メドレックスは2019年2月26日、東京都内で2018年12月期決算(日本基準)の説明会を開催した。連結売上高が800万円にとどまった2018年12月期について、松村米浩社長は「かなりダサい内容」と振り返った。だが、2019年12月期は10億900万円の連結売上高を計画しており、前期に比べて12倍となる超V字回復を狙う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)