DWTI、上場廃止基準をクリアするため2019年12月期の黒字化は必達目標

2018年12月期まで3期連続の増収は達成
(2019.02.26 08:00)1pt
坂田亮太郎

 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(DWTI)は2019年2月22日、都内で2018年12月期通期決算説明会を開催した。上場後4期連続で赤字になったものの、日高有一社長は「2019年12月期は3000万円の営業黒字を見込んでいる」として、JASDAQの上場廃止基準はクリアできる見通しを明らかにした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧