厚労省部会、国内2品目目となるグラクソの狂犬病ワクチンの承認了承

 厚生労働省は、2019年2月22日、薬事・食品衛生審議会第二部会を開催。国内2品目目となるグラクソ・スミスクラインの「ラビピュール筋注用」(乾燥組織培養不活化狂犬病ワクチン)など6品目の新規承認と、15品目の一部変更承認を了承した。一部変更承認が了承された品目には、キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法をはじめとする、腫瘍特異的T細胞輸注療法に必要な前処置やサイトカイン放出症候群に対して、既承認薬を投与できるようにする適応拡大が含まれる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)