自治医科大、遺伝子治療研究センター設立で記念シンポジウム

 自治医科大学は、2019年2月21日、遺伝子治療研究センター(CGTR)の設立を記念したキックオフ・シンポジウム2019を開催。アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを用いた遺伝子治療、ゲノム編集治療、キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法などについて、国内外の研究者が講演した。会場には、アカデミアや製薬業界、自治医科大の関係者など、約230人が集まった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)