米University of Louisville(UofL)の研究チームは、2019年2月15日、癌の免疫療法につながる免疫チェックポイント分子を発見し、マウスにこの分子を投与することにより、複数の癌種で発症が予防できたと発表した。UofL Department of Microbiology and Immunology、UofL Institute for Cellular Therapeuticsの教授であるHaval Shirwan氏らが、Cancer Research誌(2019年2月15日オンライン版)に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)