セルシード、食道再生上皮シートで優位性示せなかった理由を説明

 セルシードは、2019年2月20日、2018年12月期の決算説明会を開催した。主要評価項目で統計的な優位性が証明できなかった、食道再生上皮シート(開発コード:CLS2702C/CLS2702D)の具体的な治験結果などを説明した(関連記事)。同社は、2019年に追加の治験届を提出する方針だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)