米University of PennsylvaniaのGene Therapy Program(GTP)、並びにOrphan Disease Center(ODC)とのライセンス合意に基づき共同研究する米Passage Bio社は、2019年2月14日、シリーズAで1億1550万ドル(約128億円)を調達して中枢神経系(CNS)疾患を対象とする遺伝子治療開発に着手したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)