米国立衛生研究所(NIH)の一部門である米国立眼科研究所(NEI)が、米Baylor医科大学などと共同で、加齢黄斑変性(AMD)に関係する遺伝子を6つ発見し、Nature Genetics誌オンライン版に2019年2月11日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)