国内で化学及血清療法研究所(現KMバイオロジクス)が承認申請していた、狂犬病ワクチン「ラビピュール」(乾燥組織培養不活化狂犬病ワクチン)の国内開発・販売権を、グラクソ・スミスクラインが引き継いでいたことが、2019年2月18日までに本誌の取材で明らかになった。「ラビピュール」は、2019年2月22日に開催される、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会で承認の可否が審議される見通しだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)